2021年2月プログラム

期間

2021年2月6日(土)〜21日(日)

※講義は2/8(月)〜19(金)

場所

モダールインターナショナル学院

Mod'Art International35 quai André Citroën, 75015 ParisFrance

メトロ10号線またはRER C 「Javel」下車 徒歩5分

時間割(参考)⇒ 変更の可能性があります。

講義内容(例)

《ラグジュアリーコード概論》

ラグジュアリー産業におけるブランディングとは? マスプロダクトのマーケティングと比較しながら図解。学生によるブランディング提案も含めて全4回。

《モード都市としてのパリ》

パリがファッションの都となったゆえんを、マリー・アントワネットの時代から残るパレ・ロワイヤル地区を見学しながら解説。歴史あるブランドから、若手デザイナーをサポートする最新コンセプトストア情報など、

《世界の香水産業》

クオリティへのこだわりから、香りの奥深さまで、理論と感性の両方を問われるフレグランスという業態の紹介。

《ラグジュアリーブランドのVMD》

VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)の基本的な考え方と、一流ブランドのウインドウディスプレイの実例を紹介。理論を学んだ後で、課外学習としてアヴェニューモンテーニュのブランド店を見学して実例をリサーチ。

《世界のファッションウィーク》

パリ、ミラノ、ロンドン、NY各都市で行われる新作コレクションの発表会(ファッションウィーク)の影響力、ファッションショウの制作、予算規模、プレスへの訴求方法など、具体例を引用して解説。

《パリモード界の最新テキスタイル事情》

オートクチュールに用いられる伝統的な素材から、機能性繊維を含む先端素材がモードになるまでを解説。

《オートクチュール》

ファッション界の頂点に位置するオートクチュール(高級注文服)の歴史と現代のデザイナーについて、ビジュアルを使って解説。各種モード美術館見学の前に基礎知識を身につける。

《美術館見学》

パリ市内のモード関連博物館で開催されている、ラグジュアリーブランドの歴史展、歴史に残るデザイナーの展覧会などを、講義で解説した後に、講師ガイド付きで見学。展示品とあわせて、デザインの国フランスならではの空間演出も見どころ。一般公開していない貴重なアーカイブを所蔵するプライベートミュージアムに行くこともある。